仲間たちとの交流

援助交際の募集

Published: (Updated: ) in 月曜 by .

援助交際の募集から、結婚しちゃった人いる。知り合いなんだけど、昔から、すごくいい人で面倒見が良くて、年下からよく慕われて、面倒事にもよく巻き込まれて・・・
昔は、そんな彼女に「友達いっぱいていいな、みんなから頼られていいな」って嫉妬してたんだけど、だんだん彼女のことをよく知るようになってくると「こんな面倒事、よく引き受けるよな~」って心のどこかでバカにするようになってた。
援助交際の募集も、彼女の場合、「人助けがしたい」という動機からだったんじゃないかって気がするんだよね。
モテなくて、女性経験がない男の人に身体を提供してあげる、そんな慈善の気持ちからだったんじゃないか・・・
さすがにタダでというわけにはいかないから、相場程度のお金もらって、お互い損はしてないよねって状態にしてあげるという気づかいだったんじゃないか。
そんな気がするんだわ。
援交を募集する
そして、その援助交際の募集から発展して結婚したんだけど、その結婚相手が70過ぎのオジイチャンなんだよね・・・。
70過ぎのオジイチャンとエッチするなんて、私、想像もできないけど、彼女はそういうことも平気で出来ちゃう人なんだよ。
「人生最後のセックスになるんだろうなと思ったら、断れなかった」そんなところじゃない?
優しすぎる人って怖いよ。優しすぎる人ってどこまでも自分を犠牲にするじゃない?
そして、それが自分の幸せって、思いこんで、ほとんど信仰に近いほど、信じこんでるでしょ?
だんだんそんな彼女を見てるのが怖くなってきたんだ。
援交アプリ
車内フェラ

テキストのコピーはできません。